うたうチョコレート

「チョコレートの海でもてなして ロマンティックにエロティックに」

/KEYTALK『マスターゴッド』(『HOT!』収録)

作詞・作曲 首藤義勝

※カテゴリー『うたうたべもの』とは

食べ物の出てくる曲の歌詞や短歌を引用し、その歌や食べ物についてああだこうだ書いているカテゴリーです

 

『マスターゴッド』歌詞全文はこちら(Uta-Net)

 

チョコレートって何故にこうエロい感じがするのだろうと思って考えてたのだけれど、

多分「溶けた」チョコレートがエロいんだなぁと思って。固形の、例えば板チョコとかってそんなにエロくない。『チョコレイト・ディスコ』はエロくない。あれは多分固形。エロさの度合いは固形か溶けているかだな。板チョコよりトリュフとか生チョコの方がエロい感じするもん。

チョコレートの海は、溶けてるから、エロい。

しかし結局何故チョコレートがエロい感じがするのかの答えにはなってない。そこで、ネットで色々調べていたら、wikipedeliaに興味深い項目を見つけました。

 

『食と性』

※以下、斜体部分は引用です

 

チョコレートやカキはみだらな気持ちを呼び起こすと言われている

 

一行目から!!一行目からチョコレート登場ーー!!一行目からみだらな気持ちを呼び起こすと言われているーー!!瞬時に『チョコレイトディスコ』までもがエロく…!!バレンタインデーというイベントが突如卑猥な印象に…!!

読み進めましょう。

 

官能的であるとみなされる食べ物にはその見た目や感触、味がかかわっており、ホイップ・クリームや溶かしたチョコレート、いちご、ピーナッツ・バターなどはときとして肌をくすぐるような快楽をもとめて使われる。

 

はいきた!!溶かしたチョコレートきたーー!!ときとして肌をくすぐるような快楽をもとめて使われるーー!!ドエロいじゃん…溶かしたチョコレートドエロじゃん…。答え出ましたね、溶かしたチョコレートが何故エロい感じするのか。納得できるかは別としてもう満足ですよ。…いやちょっと待って、どれだけ想像力働かせても、「いちご」の意味が全然わからないの私だけ?!いちごだけ他のラインナップとテイスト全然違うけど何どういうこと?!他はまぁなんとなくそういう感じでしょ…?と推測しましたけれども、いちごは…どう…どう使うの?!待って、もしかして平井堅のあの名曲は特殊なプレイの歌なの?!『Strawberry Sex』マジ良い歌だと思ってたんだけどそういうことなの?!嘘!嘘だと言ってよ堅!!!!

 

大変勉強になりました。いちごの使い方、知っておられる方は教えてください。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中