第一回「幸せとカレー時間」

人は誰しも幸せを追い求める。

かくいう僕もそうだ。幸せになりたい。
幸せな生活を過ごしたいなーと考え、憧れの生活、想像してみた。

えっとー、おしゃれな家具、部屋にはゆったりとしたジャズピアノが流れててー
間接照明をつけてー、ふかふかのベッドで好きな本を読むー、みたいなー。

そんな事を思って、本当にやってみた。
好きな家具を揃え、「あの芸能人も愛用!」みたいなマットレスを買って
TSUTAYAで「森のカフェのジャズピアノ」みたいなやつ借りて
竹で編まれた照明買って、アロマみたいなん焚いて(なんか光るやつ)
いっぱい本買って、

実際に音楽かけて、電気つけて、寝転がって、本開いて、思った。

 

…なんか、なんかちゃう!

 

気づいたら僕の部屋は病院の待合室みたいになっていた。
無駄にお洒落な「Can you celebrate?」が鳴り響く。山本メンタルヘルスクリニックの爆誕だ。

これはまずい。
「そもそも幸せってなんだ」よく分からないので調べてみると
心理学者のアドラーという方がこんな事を定義していた。

アドラーによる「人が幸せを感じる基準」3つのポイント

「自己受容」
「他者信頼」
「貢献感」

わかりやすく言えば

「自分を受け入れ、好きになること」
「周りに信頼できる人がいること」
「自分が誰かの役に立っていると実感すること」

なるほどー

 

ジャズピアノ関係ないやん

 

それと、こんな記事を見つけた。

【新事実】幸せホルモン「セロトニン」は腸から出てることが判明! カレーを食べるとドバドバ出るらしい(笑)

http://rocketnews24.com/2014/01/06/401937/

リンクが何故かうまく貼れない。

カレーを食べると幸せになる…!
短絡的な僕は毎週1回カレーを作り、食べ、幸せになろうと考えた。
この連載は、カレーとの時間を通じて幸せを手に入れる物語である。

「いやいや、カレー関係ないやん、ジャズピアノから何も学習してないやん、アドラーに謝れ」
とか言わないの。

という訳で、第一回を飾るカレーはみんな大好き「S&Bジャワカレー」です。

ローストオニオンの深いコクと、
香辛料の豊かな香りで仕上げた、
スパイシーで深みのあるカレーが味わえます。

油の代わりにバターを使い、お肉は焼肉用の豚肉をつかいました。
野菜は玉ねぎ、エリンギ、まいたけ、しめじのきのこカレーです。
後で気づいたけど、この具材はとろけるチーズとの相性もいいと思うのでお好みでどうぞ。

ジャワカレーって爽やかな辛さが特徴で美味い、シーフードとの相性も良さそう。

あー、美味しいし幸せー。って多分そういう事を言ってるんじゃない。

「厳密に言うと、カレー食っただけで幸せになる訳じゃないからな、ちゃんと記事読めよ」
とか言わないの。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中